2016年11月26日

雨天決行の清掃活動は不快さに耐えながら

前日まですっきりとした快晴だったのに翌日は一転して雨模様。せっかく気合を入れて準備していた地域の清掃活動も時折強い雨が降る中での作業となり、蒸れる合羽に身を包みながら汗だくになって作業を行ったのがつい2週間程前の事。
地元町内における地元町会主催の清掃活動だったのですが、今回はゴミの量がかなり目立っていた事もあり多少の雨なら決行するという連絡は入っており、雨が降った時の覚悟も一応していたのですが、その前日が素晴らしい好天だっただけに、何か自分が悪い事でもしたのかな?と、自身が雨男なのではないかと少々疑ってしまった位でした。
とにかく緑の公園も点在する広い町内を午前中一杯掛けて周り、かなりの量のゴミを集める事が出来ました。雨天の清掃作業の嫌なところは集めたゴミまでも雨に濡れ、その扱い次第で衣服や靴も簡単に汚れたり臭いが付いてしまうという点。ですが今回はフィッシング用の長めの二―ブーツも用意してきた事もあり、何とか汗かきだけに留める事が出来たのです。

PR|粗大ごみは回収業者に依頼したら|