2017年9月20日

大切な思い出を心に、粗大ごみはリサイクルに。

結婚に伴い、引越しをすることになりました。

15年間一人ぐらしを同じ部屋でしていたので、たくさんの物で溢れていました。

なんでも無いものはすぐに処分できるのですが、新しい家では使わなくなるソファ、テーブル、テレビラックなど家財の処分に困りました。

粗大ごみとして出してしまえば良いのですが、まだ使えるし、思い出をゴミにする気持ちになかなかなれませんでした。

ポストに入っている、広告を何気なく見ていたとき、「あなたの思い出買います!」という言葉が目に入り、インターネッットでお店を調べてみると、中古買取店でした。粗大ゴミに出してしまえばゴミですが、リサイクルとして再販売できれば、まだまだ使えるので、誰かの日常になってくれる!と思えることができました。

すぐに連絡をし、下見に来てもらいました。「十分使えるので、引き取らせてください。」と言っていただき、査定もしてもらえました。金額は期待できるものではありませんが、思い出を捨てずに済んだことが何よりでした。

粗大ごみとして出す前に、ぜひリサイクルショップに相談することをお勧めします。ゴミにしかならないと思っても、来訪してもらい、見積もりするだけでも大丈夫です。