2017年4月13日

厄介な粗大ごみの安い処理法

2世帯に住む事になり家に家具が2倍になりました。何かに使うかもと持ってきて、空室に入れたままにしていたのですがすっきりさせようと市の大型ゴミ担当部署に連絡しました。タンスが一つにつき2000円を超えます。全部合わすと相当な金額になるので、保留としました。

まずは電化製品は無料回収業者に持って行って頂きました。もちろん無料です。全て可動するものでしたが、祖父母の家にあったものの多くは年季が入ってますのでリサイクルショップに持っていくのはやめました。

地域によって大型ゴミの廃棄方法が変わり、値段もかなりの幅があります。布団や小さめの棚など自家用車で詰めるものは隣の市に住む兄妹の所に運び込み、隣の市で処分しました。こちらで出すよりも半分以下になりましたし、兄宅の分もまとめて出せました。

大きな運べないタンス1点のみ2000円で出す事になりましたが、不要物全て廃棄でき部屋が一室空いたので満足しています。

民間の方が安いかと見積もりしましたが、思ったよりも価格はしました。家族や親類が住む市の粗大ゴミの出し方や手数料を調べる事をお勧めします。

PR|遺品整理を業者に頼む