2017年1月31日

清掃が苦手な家庭について感じること

みなさんの近くにも異様に清掃が苦手な家庭があるという人も多いと思います。

そういう家庭を見ると自分はそういう風にはなっていないと思っているかと思います。

ですが、その時に自分の家はそういう事はないと思ってしまって終わるのはダメです。

なぜなら、自分では綺麗にしているつもりでも他人から見ればこの家は清掃が苦手だなと

思われている事も普通にあるからです。

ですから、他人の過程を見て清掃ができていないと思った時に自分は違うとただ思うのではなく、

そこから自分はこうはならないと思えるかが大事になってきます。

そういう風に思う事ができれば、自分の家の清掃がちゃんとされているかを他人に見られても

悪い印象を受けないようになります。それはどうしてかというと、他人の家庭の清掃の状況を見て

自分も気を付けないと思った人は確実に自分の家の清掃に力を入れるようになるからです。

なので、清掃が苦手な家庭というのは反面教師として活用すべきだと私は思います。

PR|遺品整理でお困りの方は|